メインイメージ画像

年数が経って今のお仕事も嫌いじゃないけど

何事も無く年数が経って今のお仕事も嫌いじゃないけど、ずっとやりたいと憧れる職種に転職したいと決定した時、経験がないだけに特に面接時にはどのような事を聞いてくるのか不安かもしれません。そういう場合でも返答の仕方によって、良かったり悪かったりなると思います。専門的な知識を修得したい時、「前職では専門的な技術が身につかず」などと言えば、「取り組み次第では、どんな業務であるとしても専門的スキルは身につく」と思われてしまいます。「技術を習得したいと思っていて、独学で勉強してそれをお仕事に活用しながら、さらに知識を磨きたいと思った」とか、ポジティブに自分で行動をしているといった、やる気をみせる事が大切です。

学生向けの面接に比べ社会人向けの面接では、志望動機が大切になります。その理由は前職をやめて来ているので、何らかの理由を聞いてみたいからです。もし前職が好きになれなかった場合も、ネガティブな表現をすることは却ってマイナスです。職場の雰囲気に慣れずやめる人は入っても信用できないからです。

志望動機はより上を目指すための転職だと、アピールするべきです。面接に受かれば転職してからどういった担当したいのかをしっかり述べましょう。

ほとんどの企業は社会人向けに人員を募集する際には、人柄に非常に重きを置くといます。その理由は短期間に成果が出て、一日も早く企業の戦力となってもらいたいからです。

更に今後の発展に、どれだけ尽くしてくれるかが大事です。当然のこと過去の功績は評価に響きますがそれ以上に、人物重視です。だから転職の面接時には自己PRで自分の事を十分アピールする必要があります。自身が入社することで会社側にどんなメリットがあるか表現しましょう。